マクラーレン12C Can-Am Editionレーシングコンセプトが ペブルビーチのコンコース・デ・エレガンスにてデビュー

Aug 15, 2012

 

メディア情報
公開厳禁:00.01 英国夏時間、2012年8月15日 
 
 
トラック専用のコンセプトは重量1,200kg(2645.5lbs)で、ダウンフォースが30%増加した独特の空気力学パッケージを搭載している。
エンジン出力最高630hpの、パワーアップした12C 
北アメリカ市場向けに設計された、12C レーシングコンセプト初披露
 
マクラーレングループのレーシングカー生産部門であるマクラーレンGTは、ペブルビーチで開かれるコンコース・デ・エレガンスにて、トラック専用のドラマチックなコンセプト、12C Can-Am Editionを発表する。この、1台かぎりの実験的なデザインは歴史あるMcLaren Orangeとサテンブラックのフィニッシュで、12Cレーシングシリーズの欧州圏外発デビューとなる。
 
12C Can-Am Editionは、1960年代から70年代にかけて抜群の成功を誇ったブルース・マクラーレンとデニー・ハルムのマシンをインスピレーションに、輝くMcLaren Orangeで仕上げられている。大胆なオレンジが、ルーフとドア、バンパー部のサテンブラックとコントラストをなすマシンには、サイドのラジエーターベーン、サイドミラーとエンジンカバーにカーボンファイバーが採用されている。フロントとリアのマクラーレンバッジもカーボンファイバー仕上げとなっている。12C Can-Am Editionのコアには、12Cロードカーと同じカーボンファイバー製のMonoCellシャシが使われている。
 
この段階ではコンセプトのみのマシンで、「究極のトラックカー」として設計された12C Can-Am Editionは、12C GT3レーシングカーを基調にしているものの、通常の競技車規制には準拠していない。おなじみの3.8リットルツインターボV8エンジンは、独特のキャリブレーションと最適化された冷却システムが特徴で、最大出力は630hpと12Cシリーズでは最高のパワーを誇る。ドライ重量は1,200kg (2645.5lbs)と軽量だ。
 
12C Can-Am Editionは12C GT3レーシングカーと同様、マクラーレンレーシングがフォーミュラ1で得た技術とシミュレーションを駆使し、ダウンフォースを最大限に活かした独特の空気力学的設計を導入している。このパッケージでは、ダウンフォースを30%増量している。
 
パッケージには、カーボンファイバー製フロントスプリッタ、カーボンファイバー製ダイブプレーン、そしてリアの大部分をなすカーボンファイバー製のウィングが含まれる。ウィングは光沢仕上げのアルミニウム製マウントで固定されている。さらに、ツートーンのリアバンパーに埋められたカーボンファイバー製ディフューザーによって、空気力学パッケージの効果が最大まで実現されている。
 
12C Can-Am Editionのさらにパワーアップした出力と合わせて、Akebono製のブレーキングシステムも搭載されている。ブラックサテン仕上げの軽量レーシングホイールの後ろには、高性能のブレーキングシステムが搭載されている。Pirelli製のスマートなレーシングタイヤと合わせて、エクステリアも一新されている。
 
コックピットからも、12C Can-Am Editionがレースに最適なマシンであることがわかる。2つの黒いレーシングシートには6ポイントシートベルトが搭載され、さらにレーススペックをフル搭載したロールケージも設置されている。ステアリングホイールは12C GT3を受け継ぎ、ルイス・ハミルトンのMP4-24フォーミュラ1車を基調にしたデザインとグリップになっている。キャビン内にもダッシュボードやシルパネルにカーボンファイバーが多く採用されている。レーシングシリーズの多くで標準となっている統合型空調システムも搭載されている。
 
以上
 
編集者のための注:
編集用の高解像度画像各種はこちらからダウンロード可能: http://media.mclarenautomotive.com/. 
 
Pebble Beach®, Pebble Beach Concours d'Elegance®, and Pebble Beach Concours® はPebble Beach Companyの商標です。使用許可取得済み。
 
マクラーレンオートモーティブについて
マクラーレンオートモーティブはロン・デニス代表率いる独立企業で、サリー州にあるマクラーレングループ本部、マクラーレンテクノロジーセンターを拠点としている。マクラーレンオートモーティブは、ロード用高級スポーツカー生産において、絶えることない豊かな伝統を誇る。1992年に発表されたマクラーレンF1ロードカーは生産車として世界最速の記録をもち、現代を象徴するスポーツカーに数えられる。Mercedes-Benz SLR McLarenはこの価格帯ではもっとも成功したスーパーカーとして、カーボンベースの競合車の2倍の台数が販売された。
 
マクラーレンオートモーティブは、現在、世界各地の主要自動車市場にもつ一流リテーラーのネットワークを使い、マクラーレンプロダクションセンターで最先端技術を駆使して生産されるスポーツカーの販売を手がけている。
 
MP4-12Cはマクラーレンオートモーティブ最初のモデルとなる。同社が長年にわたりフォーミュラ1で培ってきた経験をコンセプトと開発の基礎にもつ12Cは、より軽く、より速く、よりパワフルな、より特別な車として競合車と一線を画している。12Cに続き、一連の新マクラーレンモデルが登場するが、すべて高性能でありながら高効率で、フォーミュラ1で培った技術とノウハウを最大限に活用したものとなる。
 
同社はワンピース成形による独特のカーボンシャシをスポーツカー市場の核に送り込み、性能面でこれまでの基準を一新することに成功した。これからも、すべてのマクラーレン車は革新的なカーボンテクノロジーを基調としたものとなる。マクラーレンが30年以来作ってきた車はすべて、レース用であれロード用であれカーボンシャシを採用したもののみである。
 
マクラーレンGTについて
2011年、マクラーレンオートモーティブは、マクラーレンオートモーティブ、マクラーレンレーシング、マクラーレンエレクトロニックシステムズ、マクラーレンアプライドテクノロジーズおよびCRSレーシングの専門知識を総括した新レーシングカーメーカー、マクラーレンGTの立ち上げを発表した。マクラーレンGTは12Cスポーツカーを基調とした発のレーシングカー、MP4-12C GT3の開発を手がけた。2012年現在、25台のMP4-12C GT3がヨーロッパのプライベートチームでレースに参戦している。
 
詳細情報
 
ウェイン・ブルース
PR部長 | マクラーレンオートモーティブ
電話:+44 (0) 1483 261500
携帯:+44 (0) 7768 132429
電子メール: wayne.bruce@mclaren.com
 
デーブ・エデン
広報オフィサー| マクラーレンオートモーティブ
電話:+44 (0) 1483 262867
携帯:+44 (0) 7500 857089
電子メール:dave.eden@mclaren.com
Twitter: www.twitter.com/DaveEden
 
ミシェル・シャピロ
広報マネージャー | マクラーレンオートモーティブ北米
電話: (+1) 646-926-5967
携帯:(+1) 347-480-6525
電子メール: michele.shapiro@mclaren.com
 
マクラーレンオートモーティブ
メディア用ウェブサイト: www.media.mclarenautomotive.com
YouTube: www.youtube.com/mclarenautomotivetv
Facebook: www.facebook.com/mclarenautomotive
 

LANGUAGES

DOCUMENTS

IMAGES

  • McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
    McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
  • McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
    McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
  • McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
    McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
  • McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
    McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
  • McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
    McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
  • McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
    McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
  • McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
    McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
  • McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
    McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
  • McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
    McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
  • McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
    McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
  • McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
    McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
  • McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
    McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
  • McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
    McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
  • McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
    McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
  • McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
    McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
  • McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
    McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
  • McLaren 12C Can-Am Edition racing concept
    McLaren 12C Can-Am Edition racing concept

© Copyright McLaren Automotive Limited.

Reproduction free for editorial use only.